苦労もありますが、お年寄りと接していると「生きるパワー」の強さを感じます。

ヒーリングの森(訪問介護)
サービス提供責任者:浅見 治子

介護の仕事をしてどのくらいですか?
介護の仕事に就いて20年で、ヒーリングの森に入社して7ヵ月です。
ヒーリングの森はどんな職場ですか?
意見交換の盛んな職場です。思ったことを自由に言い合える雰囲気なので、色々な情報や考え方など、気づくことも多くあります。
この仕事と職場について
訪問介護は、利用者様の生活に密接関わる仕事で、その時々で判断を迫られるシーンも数多くあります。ひとりひとりに合ったサービスを提供するためには、経験や工夫も必要です。
苦労もありますが、お年寄りと接していると「生きるパワー」の強さを感じます。人生の先輩でもある方々の手助けをできることは喜びであり、仕事を続けるモチベーションにもなります。これからも続けていきたい仕事です。

この仕事は「人間性」が何より大切です。

ヒーリングの森(訪問介護)
管理者:寒河江 美智子

介護の仕事をしてどのくらいですか?
15年です。資格を取って、訪問介護に従事してきました。
ヒーリングの森はどんな職場ですか?
それぞれが一生懸命で、働きやすい職場です。
この仕事ついて
昔は訪問介護のヘルパーが少なかったので貴重な存在だったのですが、現在は民間の事業所もヘルパーも増えてきました。利用者様はいろいろな方がいらっしゃいますので苦労する点もありますが、気持ちを切り替えながら、おひとりおひとりの変化を楽しんで、介護にあたっていくこともヘルパーとしての技量ではないかと思います。
また、ご家族がトラブルを抱えているケースもありますので、様々な角度からアドバイスやサポートができるスキルも必要です。
ハードルが多いだけに、やりがいのある仕事だと思いますし、楽しさもあります。その楽しさを新しい人に伝えることは、私の目標でもあります。
どんな人がこの仕事に向いていますか?
まず時間を守れる人です。そして挨拶ができる人。あとは「やる気」です。

ひとりでも多くの方をサポートして、少しでも時間を共有できたらと思っています。

ヒーリングの森(訪問介護)
サービス提供責任者:桑島 めぐみ

介護の仕事をしてどのくらいですか?
13年で、ヒーリングの森に入社して6年目です。
ヒーリングの森はどんな職場ですか?
祖父の他界に直面し、もっと何かしてあげられたのでは?という思いから介護の仕事を始めました。
印象に残った出来事
あるひとり暮らしだったお年寄りの介護です。生活環境が良くなかった方が、訪問介護でケアを受けた翌日に、久しぶりに整った布団の中で静かに亡くなっていました。こういった孤独なお年寄りは、まだまだ多くいらっしゃるのではないかと思います。もちろんヘルパーとして出来ることには限界がありますが、ひとりでも多くの方をサポートして、少しでも時間を共有できたらと思っています。